メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

口から吐く息で新型コロナ感染の有無を検査 東北大と島津製作所が開発

東北大と島津製作所との共同研究で開発された、呼気から新型コロナウイルスなどの有無を調べられる機器=仙台市青葉区で2020年10月16日、和田大典撮影

 東北大と島津製作所(京都市)は16日、口から吐く息で新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査法を共同で開発したと発表した。呼気に含まれるウイルスやたんぱく質を解析する手法を用いた世界初の技術で、PCR検査と同程度の精度があり、約1時間で結果が出るほか、重症化のリスクなども診断できるという。

 今後、自宅での検査も想定して検査機器の小型化を進め、臨床研究を通して実用化を急ぐ。

 この検査法は「呼気オミックス」と呼ばれる最先端技術を使い、約5分間息を集めて分析装置にかけて判定する。肺炎の重症度や症状の予測のほか、新型コロナ以外のウイルスの検査もできるという。呼気に含まれている健康状態に関する情報を分析する手法を応用し、生活習慣病やがんの診断、遠隔医療などに生かすことも目指す。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです