メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁新人王戦 対局室にユーチューブ解説音声流れる 11分間中断のトラブル

対局室に設置され、ユーチューブによる生中継に使われたカメラ。マイクとスピーカーの両機能を備えている=大阪市中央区の関西棋院で2020年10月16日午後6時35分、新土居仁昌撮影

[PR]

 関西棋院(大阪市中央区)で16日打たれた第45期新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝三番勝負第3局で、動画投稿サイト「ユーチューブ」で生中継していた日本棋院(東京都千代田区)の解説者の音声が対局室に流れ、対局が11分間中断するトラブルがあった。機器の操作ミスが原因で、日本棋院は「関係者に深くおわびする」としている。

 対局は佐田篤史七段(24)と関航太郎三段(18)の顔合わせで、優勝者を決める大一番。日本棋院にいるプロ棋士2人が、対局室内に設置したカメラの映像を見ながら解説していた。

対局を振り返る関航太郎三段(手前右)と佐田篤史七段(同左)=大阪市中央区の関西棋院で2020年10月16日午後5時38分、新土居仁昌撮影

 トラブルが起きたのは佐田七段の手番だった午後4時12分ごろで解説者の声が室内に流れ、同20分に対局を中断した。その時点で関三段が勝勢を築いており、両対局者と主催者、立会が協議して対局続行を決めて同31分に再開。午後5時28分に関三段が勝利して終わった。関西棋院などは「結果への影響はなかった」としている。

 関西棋院によると、カメラにはマイク、スピーカー両機能があり、日本棋院の担当者がインターネットを通じて遠隔操作。担当者が秒読みの声を拾うためマイクの音量を上げようとし、誤ってスピーカーの音量を上げた。「少し白(関三段)が優勢」といった声が対局者にも聞こえたという。

 関三段は「形勢に関する解説者の声が聞こえたときは困惑した」と話し、佐田七段は「誰かがスマホを置き忘れているのかと思った。音声漏れとは関係なく、再開後も全力で勝ちにいった」と話した。【新土居仁昌】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです