iPS細胞から作った網膜神経細胞、難病患者に世界初移植 神戸アイセンター病院

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
iPS細胞を使った網膜色素変性の治療
iPS細胞を使った網膜色素変性の治療

 神戸市立神戸アイセンター病院は16日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜の神経細胞を目の難病「網膜色素変性」の患者1人の目に移植した、と発表した。iPS細胞由来の「目の神経細胞」を移植するのは世界初。手術は10月上旬に行い、経過は順調だという。2020年度中にさらに1人に移植する予定で、術後1年間、視力の回復度などの有効性や安全性を確認する。

 同病院によると、患者は関西在住の60代女性で、明暗がかろうじて分かる程度まで視力が落ちていた。京都大iPS細胞研究所に備蓄されている第三者のiPS細胞から、視細胞のもととなる「網膜前駆細胞」を作製。これをシート状(直径約1ミリ、厚さ約0・2ミリ)に加工して、患者の右目の網膜下に3枚移植した。手術は約2時間で無事に終了。合併症はなく、容体は安定しており、近く退院の予定。免疫抑制剤を約半年間使用しな…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文819文字)

あわせて読みたい

ニュース特集