メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪維新の会作製の都構想ビラに府・市の担当局電話番号 共産系団体が批判

「大阪都構想」の是非を問う住民投票が告示され、啓発のため用意された「行こう!投“ヒョウ”号」=大阪市北区の大阪市役所で2020年10月12日午前9時21分、山田尚弘撮影

[PR]

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する「大阪都構想」の住民投票を巡り、大阪維新の会が作製したビラに都構想の事務作業を担う大阪府・市の副首都推進局の電話番号が記されていることについて、共産系の政治団体は16日に記者会見を開き、「行政の公平中立を逸脱する行為だ」と批判した。

 「都構想をつぶすデマが流れています!」と記されたビラは、特別区に移行すると財政が乏しくなるという主張をデマと断定。「騙(だま)されたらあきまへん!」などの見出しとともに、「真実はココにあり」「大阪市の職員が丁寧にお答えいたします」と同局の電話番号を記載している。

 「明るい民主大阪府政をつくる会」など共産系団体に見解を問われた推進局は15日、「市として電話番号を広く周知し、利用を促している」「個々のビラにコメントする立場にない」と回答。ビラを問題視しない考えを団体側に伝えた。

 つくる会の荒田功事務局長は16日の会見で、「大阪市は住民投票の中立公平を担保する責任がある。維新は市を私物化している」と強く批判した。

 一方、維新代表の松井一郎市長は「疑問に思っていることを丁寧に説明する窓口を紹介するのは当然だ」と問題ないとの考えを示している。【田畠広景、野田樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです