特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

最後の1枠、勝敗の分かれ目は継投策か 宮崎梅田学園と西部ガス 都市対抗九州2次

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【宮崎梅田学園-沖データコンピュータ教育学院】先発して九回途中2失点と好投した宮崎梅田学園の林健太=宮崎市のアイビースタジアムで2020年10月13日午後2時27分、上入来尚撮影
【宮崎梅田学園-沖データコンピュータ教育学院】先発して九回途中2失点と好投した宮崎梅田学園の林健太=宮崎市のアイビースタジアムで2020年10月13日午後2時27分、上入来尚撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の九州2次予選は16日、第2代表決定戦(宮崎・アイビースタジアム)が行われる。宮崎梅田学園と西部ガスが九州最後の1枠を巡ってぶつかる。勝負を分けそうなのが継投策。中でも、宮崎梅田学園は左、西部ガスは右の横手投手の使いどころがポイントになる。

全て継投の宮崎梅田学園

 昨年初めて本大会に出場した宮崎梅田学園はここまで3試合全てで継投で戦ってきた。…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文663文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする