メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー女子・WEリーグ 伊賀「くノ一」は参入ならず スタジアム整備ネック

プロリーグ参入が見送られ記者会見する柘植満博理事長(左)と粟野仁博副理事長=三重県伊賀市のヒルホテルサンピア伊賀で2020年10月15日午後3時44分、大西康裕撮影

 2021年秋に開幕する女子のプロサッカーリーグ「WEリーグ」入りが実現しないことが決定し、女子サッカーなでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は15日、三重県伊賀市西明寺のヒルホテルサンピア伊賀で記者会見を開き、21年シーズンも上野運動公園競技場(伊賀市小田町)を本拠地として、なでしこリーグで戦うと発表した。くノ一は「参入に向けて頑張っていく」とプロ化を目指す方針に変わりはないとしている。

 くノ一によると、参入のため5月に「株式会社伊賀FCくノ一三重」を設立。これまでチームを運営してきたNPO法人の柘植満博・理事長が社長に就き、同社が7月31日、プロリーグへの参入を申請していた。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです