メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

focus プロ野球

規定投球回到達が過去最少ペース コロナ禍で加速する投手起用の変革

楽天の涌井=楽天生命パーク宮城で2020年7月15日、和田大典撮影

 プロ野球でシーズンの規定投球回に到達する選手の減少傾向が続いている。数年前まではセ・パ両リーグ合わせて30人前後が名を連ねていたが、今季はセ5人、パ7人の12人(10月12日現在)。現行の規定が採用された1964年以降最少だった昨季の15人(セ9人、パ6人)を下回りそうだ。かつては当たり前だった「先発完投」もごく一部に限られ、投手起用の変革が急速に進んでいる。

 規定投球回はシーズンを通した投手の働きを判断する基準の一つで、到達者のうち最も防御率の低い投手が最優秀防御率のタイトルを獲得する。64年からはチームの総試合数と同じイニング数となり、新型コロナウイルスの影響でレギュラーシーズンが各球団143試合から120試合に短縮された今季は120イニングが規定の回数だ。

 各チームが100試合近くを消化した12日現在、規定投球回の到達者は、パは2年連続最優秀防御率のタイトルを狙う山本由伸(オリックス)やリーグトップの10勝を挙げている涌井秀章(楽天)ら7人。セは開幕13連勝中の菅野智之(巨人)や、完投と完封がそれぞれ8と4で両リーグトップの大野雄大(中日)ら5人にとどまる。

 背景にあるのは何か。一つは…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文1183文字)

細谷拓海

毎日新聞東京本社運動部。1983年、神奈川県生まれ。2006年入社。京都支局、出雲駐在、大阪運動部を経て、16年から現職場で野球やソフトボールを担当。高校時代は硬式テニス部。セーリングの非五輪種目・トッパー級の全日本選手権で99年10位、02年8位となったこともあるが、誰でも出場できる初心者に優しい大会で、腕前は……?

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです