特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

ビデオ係の悔しさバネに自己最速150キロ 西部ガス・高椋 都市対抗九州2次

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【宮崎梅田学園-西部ガス】西部ガスの先発・高椋=宮崎市のアイビースタジアムで2020年10月16日、津村豊和撮影
【宮崎梅田学園-西部ガス】西部ガスの先発・高椋=宮崎市のアイビースタジアムで2020年10月16日、津村豊和撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の九州地区予選は16日、宮崎市のアイビースタジアムで第2代表決定戦があり、西部ガス(福岡市)が宮崎梅田学園(宮崎市)に3―1で競り勝ち、2年ぶり5回目の本大会出場を決めた。

 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)だ。九回途中1失点の好投で本大会出場に導き、九州地区予選の敢闘賞に選ばれた西部ガスの先発、高椋(たかむく)俊平。ビデオ係ばかり務めていた自分を脳裏に焼き付けながら、24歳の右腕は努力を重ねてきた。

 一回から飛…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文740文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする