メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道リオ五輪銅の近藤亜美が引退 25歳「競技人生悔いなし」 保育士目指す

 近藤亜美

 柔道女子48キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(25)=三井住友海上=が16日、現役引退を表明した。所属先を通じ「世界チャンピオンや五輪メダリストになったことは大きな誇り。本当に良い競技人生だったと思っており、悔いはありません」などとコメント。同日までに全日本柔道連盟に強化指定選手辞退届を提出した。

 愛知県出身の近藤は払い腰を軸とした攻撃的な柔道で、愛知・大成高時代から活躍。同高3年の18歳で出場したグランドスラム東京大会を制してシニアの国際大会デビューを果たすと、14年世界選手権を19歳で初制覇した。リオ五輪後は同学年の渡名喜風南(パーク24)の台頭に押され、来年の東京オリンピック代表を逃していた。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 劇場版『鬼滅の刃』入場者に塗り絵配布、先行DL開始 作者「まだまだおうちで過ごす時間も多いので」

  2. 菅首相、日中韓会談に難色 元徴用工問題で措置講じない限り出席せず 韓国に伝える

  3. 杉田和博官房副長官が拒否の判断に関与 政府関係者明らかに 首相に経緯報告

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 法政大出身の菅氏へ「民主主義国家が誇り持てる首相に」 田中優子・法政大総長

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 菅首相二つの狙い 「徹底破壊して」作る暗い世界 経済学者・安冨教授が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです