メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

アイディア・チャレンジ2020の募集を再開します ! (Digital PR Platform)

情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について



 横浜市立大学データサイエンス学部は、参加型コンテスト「WiDS※1 Tokyo @ Yokohama City University アイディア・チャレンジ※2 2020」 (以下「アイディア・チャレンジ2020」という)の募集を再開します。
 「アイディア・チャレンジ2020」は、2019年12月に募集を開始したところ、新型コロナウイルス感染症の影響のため、2020年2月に募集手続きを中断していましたが、本日より、専用Webサイトにて募集を再開します。
 本企画は、日々の膨大なデータを利活用することで、新たな価値(アイディア)を社会に提示し、豊かで持続可能な超スマート社会を築くことを目指しています。新しい募集期間は本日2020年10月16日から2021年1月12日まで。多くの皆様から、ウイズ/アフター コロナの社会状況を念頭に、SDGsの実現を意識した、「すこやかに働く」ためのアイディアを募集します。

◆アイディア・チャレンジ2020の概要
名  称:WiDS Tokyo @ Yokohama City Universityアイディア・チャレンジ2020
応募期間:2020年10 月16日(金)~2021年1月12日(火)(17時必着)
テ ー マ:「すこやかに働く」
対 象 者:一般、学生(大学学部生以下)。1チーム1名以上で、1チーム当たり半数以上を
     女性とします。
応募方法:主催者がとりまとめ提供するデータセット、もしくは公表されているデータ等を利
     活用し、テーマに即したアイディアについて指定の様式で提出します。なお、アイ
     ディアの創製に当たっては、国際連合の「持続可能な開発目標」(SDGs)の実現
     という視点を考慮頂きます。
審査方法:一次審査  横浜市立大学データサイエンス学部教員等による書類審査
     最終審査  一次審査を通過した一般の部3組以内、学生の部3組以内の者につい
           て、シンポジウム運営委員が書類審査し、各部、優秀賞、最優秀賞を
           決定します。
表  彰:優秀賞受賞者、最優秀賞受賞者については、第3回シンポジウムにおいて表彰しま
     す。また、最優秀賞受賞者については、プレゼンテーション動画を別途作製し第3
     回シンポジウム(2021年3月開催予定)の際に公開します。

お問い合わせは、dsc_info@yokohama-cu.ac.jp までお願いいたします。
※募集に関する詳細等については、専用Webサイト(https://wids-ycu.jp)をご覧ください
。 
[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1706/42215/100_93_202010151338345f87d24a712a0.jpg


参 考
※1【WiDS】
 Women in Data Scienceの略。米国スタンフォード大学のICME(Institute for Computational & Mathematical Engineering)を中心とした世界的な活動であり、性別に関係なくデータサイエンス分野で活躍する人材の育成を目的とし、世界各地でシンポジウム等を実施。日本では2018年度より本学が、スタンフォード大学ICMEと連携し、日本国内の産官学の協力を得て、WiDSを冠したシンポジウム「WiDS TOKYO @ Yokohama City University」を主催しています。





[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1706/42215/84_135_202010150938525f879a1cd37ec.jpg

◇WiDSアンバサダー 小野 陽子(おのようこ)准教授(横浜市立大学 データサイエンス学部) 

WiDSアンバサダーは、WiDSの地域大会の企画・実施およびデータサイエンティストの活動全般をサポートする役割を担う者として、米国スタンフォード大学より任命されるものです。小野准教授は、日本国内で初めてWiDSのアンバサダーに就任し、産官学による連携のもと、WiDSを冠した本シンポジウムおよびアイディア・チャレンジの企画・実施等の活動を行っています。



※2【アイディア・チャレンジ】 
 アイディア・チャレンジとは、日々の膨大なデータを利活用することで、新たな価値(アイディア)を社会に提示し、豊かで持続可能な超スマート社会を築くことを目指したアイディア・コンテストです。
 今回のテーマは「すこやかに働く」。ウイズ/アフター コロナの社会状況を念頭に、SDGsの実現を意識した、データに基づく、新規性の高い、斬新なアイディアを学生、一般より広く募集します。


本件に関するお問合わせ先
横浜市立大学 広報室
Tel:045-787-2445

関連リンク
WiDS TOKYO @ Yokohama City University
https://wids-ycu.jp



情報提供:Digital PR Platform

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです