メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレ朝「相棒」20周年 主演・水谷豊に聞く 大事なのは時代感覚

出演中のドラマ「相棒」について話す俳優の水谷豊=東京都練馬区で2020年9月11日、宮間俊樹撮影

 テレビ朝日系の「相棒」(水曜午後9時)が今年、放送開始20周年を迎えた。警視庁特命係の杉下右京が、個性的な部下とコンビで活躍する刑事ドラマ。2000~01年に2時間ドラマとして放送され、02年からレギュラー番組になり、高い視聴率を保ってきた。14日からのシーズン19の開始に合わせ、右京を演じる俳優の水谷豊に、20年の思いや作品の魅力を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです