メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いつでもどこでも簡単に 汗で健康状態を把握 医療センサー開発へ 山形大工学部 /山形

指先から汗の成分を検出する化学センサー=山形大工学部で2020年10月14日、佐藤良一撮影

 山形大工学部は14日、介護施設や自宅でも汗から成分を検出して、心疾患や高血圧などの予防に努めることが可能になる医療センサーの実用化に向けた開発に本格着手すると発表した。3年後には、工学部内に研究開発の拠点を作って実証試験を進め、新型コロナウイルスの感染防止を踏まえた未来型医療の実現を目指したいとしている。

 開発チームは、同大を中心にした国内外の研究者と同大医学部の医師で、現在11人。リーダーは、汗の成分を検出する化学センサーを担当する同大学術研究院の長峯邦明准教授。同日の記者会見で、体の微振動から心拍や呼吸を測定する物理センサーを担当する熊木大介准教授と共に報告した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです