メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・くつろぎの宿

山香荘/上 霊山にたたずむ宿坊 信仰導き300年 /東京

山香荘玄関。ちょうちんに書かれた「湯の宿」の左隣には「山香荘 一宮坊」との文字が見える=東京都青梅市で2020年9月7日

 JR青梅線で奥多摩に向かった。御嶽駅からバスとケーブルカーを乗り継いで御岳山駅へ。深い杉木立を左右に仰ぐ参道を、森の匂いをいっぱいに吸い込みながら歩く。鳥の声と葉擦れの音が心地いい。30分ほどすると武蔵御嶽神社に着いた。

 標高929メートル、そこは古くから霊山としてあがめられる信仰の山、御岳山の山頂だ。

 訪ねた宿は、社の手前にある御師(おし)集落に点在する24軒の宿坊・旅館の一つである。このあたりでは御師とは武蔵御嶽神社の神官のことだ。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「ディル・アン・グレイ」のボーカル装い5400万円詐取疑い 39歳再逮捕

  3. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  4. 特権を問う 生活水源から発がん性物質 汚染源は米軍? 立ち入り調査に高い壁

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです