メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3密解消へ「避難所」 小菅村などが開発 災害に対応、合板製シェルター /山梨

道の駅こすげの駐車場でお披露目された避難用シェルター=山梨県小菅村で2020年10月14日午後4時37分、山本悟撮影

 災害時に「3密」を避ける避難所対策として小菅村などが開発を進めていた組み立て式の合板製シェルターが完成し、同村の「道の駅こすげ」でお披露目された。【山本悟】

 シェルターはドーム型に組み立てた合板製の骨組みに、特殊加工した厚手のテント布地をかぶせる構造。高さ2・9メートル、床の直径3・6メートルで広さは8・3平方メートル。夫婦と子どもの3人家族が横になれる広さ。軽トラックで手軽に運搬でき、大人2人の手で約1時間で組み立てられるという。災害発生時に避…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  2. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです