特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

学術会議人事批判 知事、発言の一部撤回 学歴差別「意図なかった」 自民会派が抗議文提出 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「学歴差別のごとく受け取られたのは残念」と釈明した川勝平太知事=静岡県庁で2020年10月16日、山田英之撮影
「学歴差別のごとく受け取られたのは残念」と釈明した川勝平太知事=静岡県庁で2020年10月16日、山田英之撮影

 菅義偉首相が科学者の代表機関「日本学術会議」から推薦された新会員候補6人を任命しなかった問題で、県議会最大会派・自民改革会議は16日、「学歴差別ともとれる発言があった」として川勝平太知事に抗議文を提出した。提出後に取材に応じた川勝知事は「学歴差別の意図はなかった」と釈明、学歴偏重と誤解された部分の発言を撤回した。【山田英之】

 川勝知事は今月7日の定例記者会見で、記者から日本学術会議の問題に対する見解を問われた際、任命拒否について「学問の自由は基本中の基本。理由がはっきりしているならば言うべきで、理由を明確にできないならば反省すべきだ」「学問立国に泥を塗るようなことだと心配している。汚点は早く拭った方がいい」と批判した。菅首相の経歴についても触れて「教養のレベルが図らずも露見した。学問をされた人じゃない」と言及した。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文948文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集