メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書家の寺田さん、心癒やす作品展 伊勢で30日まで /三重

やわらかな筆致で書かれた作品が並ぶ=三重県伊勢市大世古2の百五銀行新道支店で2020年10月7日、小沢由紀撮影

 伊勢市一志町の書家・寺田翠汀(すいてい)(本名千鶴子)さん(85)の個展「てらだちづ子の筆であそぶ展」が伊勢市大世古2の百五銀行新道支店ロビーで開かれている。30日まで。

 寺田さんは、桑名市出身。1955年に名古屋市の書家・岡本白涛氏に師事、58年に結婚を機に伊勢市に移り、同市の書家・村田阿村氏に師事した。

 会場には、歌人・長塚節の名歌「たらちねの母が釣りたる青蚊帳をすがしといねつたるみたれども」や小林一茶の句「名月をとってくれろと泣く子かな」をしたためた掛け軸をはじめ、自ら夕焼け色に染めた和紙で表装した童謡「赤とんぼ」やスコットランド民謡「故郷の空」の一節、四季の小唄をまとめた屏風(びょうぶ)など、季節感あふれる10点を展示した。

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです