メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内外の書紹介 公募日美展開幕 倉敷 /岡山

玉島文化センターで始まった書道の公募日美展=倉敷市玉島阿賀崎1で、小林一彦撮影

 倉敷市を拠点にする日東書道連盟など主催の第50回公募日美展が16日、同市玉島阿賀崎1の玉島文化センターで始まった。18日まで。入場無料。

 高校生以上の書道愛好家や書道指導者らの約60点を紹介。同市を中心とする県内のほか、広島県や神奈川県からの出品もある。軸装の漢字作品が多く、漢詩や和歌などを題材にしているが、中には、同連盟主宰の岡田貴州さんが2004年の台風に伴う高潮で自宅や周辺が被災した光景を詠んだ短歌作品をテーマにした作品もある。

 午前10時~午後5時で、18日は午後4時まで。【小林一彦】

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです