障害者スポーツ、ボッチャに挑戦!! 高松・林小、体験授業で理解深め /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ボッチャに取り組む児童たち=高松市林町の市立林小学校で、川原聖史撮影
ボッチャに取り組む児童たち=高松市林町の市立林小学校で、川原聖史撮影

 子供たちに障害者スポーツに親しんでもらおうと、高松市林町の市立林小学校で16日、「ボッチャ」の体験授業があった。県教委が主催し、県ボッチャ協会の辻正彦理事長(52)ら3人の講師が、4年生163人に競技の魅力を伝えた。

 ボッチャは脳性まひなど運動能力に障害のある人のために考案されたパラリンピックの正式種目。「ジャックボール」と呼…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集