メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任命拒否理由説明せず 首相、学術会議会長と会談

会談を終え、記者団の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2020年10月16日午後6時5分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は16日、日本学術会議の梶田隆章会長と首相官邸で会談した。学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかった問題を巡り、梶田氏は任命拒否の理由の説明と6人の任命を求める要望書を提出したが、首相は明確な回答をしなかった。

 会談は、首相が9日の毎日新聞などのインタビューで、梶田氏に会う用意があると述べたのを受け、梶田氏側から申し入れた。梶田氏によると、2人きりで約15分間行われ、主に学術会議のあり方について意見を交わしたという。

 首相は記者団に対し、会談内容について「学術会議が国の予算を投じる機関として、国民に理解される存在であるべきだと申し上げた」と語った。学術会議の要望書への対応については言及を避け、記者団の質問にも応じなかった。加藤勝信官房長官は16日の記者会見で「事務方で対応を検討していると承知している」と述べるにとどめた。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです