メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の見方

冷戦学び「新冷戦」を避けよ 于鉄軍 北京大学国際戦略研究院副院長

 最近の中米関係の急速な悪化は、北京とワシントンが「新冷戦」に突き進んでいるのか、すでに「新冷戦」の初期段階にあるのかという議論を、研究者や政策決定に関わる人々の間に巻き起こしている。

 中国の当局者は「(対立をあおる)冷戦メンタリティー」を批判する場合を除き、「冷戦」という言葉を使いたがらないが、現在の中米の戦略的な競争と20世紀後半の米ソ冷戦との間には、いくつかの類似点が存在する。

 第一に、超大国間の戦略的競争があらゆる次元で展開されている。第二に、対立には強いイデオロギー色があり、双方がそれぞれの体制の優位性を主張している。第三に、最近の両国関係は緊張と危機の連続だ。過去2年間、私たちは、米ソ冷戦の特徴だった相互不信や恐れに基づく敵対的な考え方を目の当たりにしてきた。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです