メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ感染、呼気で検査 東北大、1年後実用化へ

開発された、呼気から新型コロナウイルスなどの有無を調べられる機器=仙台市青葉区で2020年10月16日、和田大典撮影

 東北大と島津製作所(京都市)は16日、口から吐く息で新型コロナウイルスの感染の有無を調べる検査法を共同で開発したと発表した。呼気に含まれるウイルスやたんぱく質を解析する手法を用いた世界初の技術で、PCR検査と同程度の精度があり、約1時間で結果が出るほか、重症化のリスクなども診断できるという。今後、自宅での検査も想定して検査機器の小型化を進め、臨床研究を通して実用化を急ぐ。

 この検査法は「呼気オミックス」と呼ばれる最先端技術を使い、約5分間息を集めて分析装置にかけて判定する。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです