メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『ルース・ベイダー・ギンズバーグ』=ジェフ・ブラックウェル&ルース・ホブデイ編、橋本恵・訳

『信念は社会を変えた! ルース・ベイダー・ギンズバーグ』

 (あすなろ書房・1100円)

 最強の87歳。米最高裁判事ルース・ベイダー・ギンズバーグが先月亡くなった。生涯をかけて女性やマイノリティーのために闘った彼女は、若者からもRBGと親しまれ、映画も作られた。「男性の皆さん、私たちを踏み続けているその足をどけて」。彼女の言葉は世界中で引用され続けている。本書はインタビューや足跡をまとめた約80ページの小さな本。

 ユダヤ人家庭に生まれ、結婚後、ロースクールに入学、学びながら子育てをした。就職先では妊娠で降格、「立派な職に就いている夫がいる」と同僚よりも低い賃金に置かれた。それでも法律を武器に丁寧に言葉を尽くす。「要は、教育ですね。私が訴えかけている相手は、自分とは違う立場の人間の暮らしがどのようなものか理解していないのだから、理解できるように手助けしよう」と。怒りにまかせ言い返さず、導く「レディーになれ」…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです