メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平和台」岡部平太物語 福岡の2劇団がタッグ 28~31日

記者会見を開き、舞台をPRする大塚ムネト(右)と仲谷一志

 <土曜カルチャー>

 福岡市の劇団「ギンギラ太陽’s(ギンギラ)」と「劇団ショーマンシップ(ショーマン)」がタッグを組んだ舞台「PEACE HILL 天狗(てんぐ)と呼ばれた男~岡部平太物語~」が28~31日、福岡市中央区天神の西鉄ホールである。日本のスポーツ指導者の草分け的存在で、福岡市の平和台陸上競技場の名付け親として知られる岡部平太(1891~1966年)の生涯を描く。

 福岡の史実にこだわり、取材を重ねて舞台を作るスタイルが共通しているギンギラとショーマン。戦後75年プロジェクトとして企画された今公演は、現・福岡県糸島市出身の岡部を主人公に据える。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです