メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナポータルで年末調整 損保とは連携できず 行政電子化、失速スタート

今年から始まる年末調整の電子化を周知する政府広報

 所得税の税額を確定する「年末調整」の電子化――。政府は今年からマイナンバー制度の個人向けサイト「マイナポータル」上で保険料控除などの煩雑な手続きを簡素化するが、地震保険料控除の手続きについては実施できないことになった。損害保険業界の準備が遅れたためで、「行政の電子化」を目指す菅義偉政権の肝いり策はスタートからミソが付く格好となった。

 保険料控除は従来、保険会社からはがきなどで送られてきた「控除証明書」を基に年末調整申告書を記入して勤務先に提出する。今年の年末調整から、マイナンバーカード取得者は国税庁の年末調整ソフトをダウンロードし、マイナポータルと連携させれば、金額など必要な項目が自動入力され、メールなどで勤務先に送信することで手続きを完了できる。

 年末調整の電子化に向け、生命…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです