メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パリで男性教諭首切られ殺害される 容疑者射殺 授業でムハンマド風刺画見せる

テロ事件の現場訪問後、取材に応じるマクロン仏大統領=パリ近郊で2020年10月16日、AP

[PR]

 パリ近郊コンフランサントノリーヌの路上で16日、中学校の歴史地理科の男性教諭(47)が、刃物で首を切られて殺害された。容疑者の男はその後、駆けつけた警察官に射殺された。仏メディアによると、教諭は1週間ほど前、授業でイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せたとして、何者かに脅迫を受けていた。仏警察はテロ事件と断定して捜査している。

 仏メディアによると、事件は16日午後5時ごろ、中学校近くの路上で起きた。容疑者は、モスクワ生まれの18歳のチェチェン人で、幼少時からフランスに在住。事件直後に被害者の写真をツイッターに投稿し、「アラー(神)の敵を討つ」と書き込んでいた。射殺される直前には「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだという。治安当局は男を、軽犯罪を繰り返す人物として把握していたが、イスラム過激派とは認識していなかった。

 マクロン大統領は現場を訪れ、「教諭は、典型的なイスラム過激派の犠牲になった」と事件を非難した。

 パリでは9月25日、ムハンマドの風刺画を掲載した風刺週刊紙「シャルリーエブド」の旧本社前で、2人が刃物で襲撃される事件があったばかり。実行犯の男はパキスタン出身で、風刺画の掲載に怒って事件を起こしたと供述している。【パリ久野華代】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです