メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国「2060年CO2排出ゼロ」どこまで本気? 東北大・明日香教授に聞く

明日香寿川・東北大教授=2020年9月29日午後4時56分、阿部周一撮影

 「2060年までに(二酸化炭素=CO2=排出を実質ゼロにする)カーボンニュートラルを目指す」。中国の習近平国家主席は9月の国連総会一般討論のビデオ演説でこう表明した。世界最大のCO2排出国が打ち出した「ゼロ目標」は、地球温暖化対策に消極的な米トランプ政権との違いを際立たせ、多くの国や環境団体などから歓迎された。だが、その実現可能性を疑う見方もある。

 今回の発表の狙いと本気度について、中国の環境政策に詳しい明日香寿川・東北大教授(環境政策学)に聞いた。【聞き手・阿部周一/科学環境部】

 ――習氏の演説をどう受け止めましたか?

 正直、数字とタイミングの両方に驚きました。この2~3年間、欧州連合(EU)が中国に盛んにプレッシャーをかけていたのは事実です。ただ、このタイミングの発表なので、11月の米大統領選を意識して、民主党のバイデン候補をサポ…

この記事は有料記事です。

残り2137文字(全文2510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです