メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21年春夏のテーマは「ステイホーム」 斬新さ、世界が評価 毎日ファッション大賞・熊切秀典さん

 2020年(第38回)毎日ファッション大賞(毎日新聞社主催・経済産業省後援)の受賞者が決まった。大賞はデザイナーの熊切秀典さん、新人賞・資生堂奨励賞にデザイナーの横澤琴葉さん、長らく業界に貢献した人に送られる鯨岡阿美子賞に「ファッション甲子園実行委員会」、話題賞に「ワークマンプラス」が選ばれた。授賞式は11月18日、東京都内で開かれる。なお、表彰式の模様は毎日ファッション大賞ホームページでライブ配信される予定。【増田海治郎(ファッションジャーナリスト)、大沢瑞季、平林由梨】

 パリコレクションに参加する欧米のトップメゾンは、チームでデザイン作業を進めるケースが多く、服の設計図である型紙(パターン)をデザイナーが引くことはまれだ。「ビューティフルピープル」も同様にチーム体制を敷く。でも、熊切さんはいまだに自らパターンを引くし、スタッフに任せたパターンも全て最後に精査する。それがパタンナー兼デザイナーを自負する彼の矜持(きょうじ)だからだ。

この記事は有料記事です。

残り2025文字(全文2449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです