秋田で梅毒感染者急増 昨年の2倍以上 夫婦、恋人間で拡大懸念

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人口100万人当たりの梅毒感染者数
人口100万人当たりの梅毒感染者数

 秋田県内で性感染症の梅毒の感染例が急増している。全国的に感染が拡大傾向にある中、県保健・疾病対策課のまとめによると、10月11日現在で県に報告があった感染者数は64人。現在の形で統計を取り始めた2006年以降、最多だった19年の年間感染者数28人の既に2倍以上となっており、専門医らは注意を呼びかけている。【高野裕士】

 国立感染症研究所によると、全国の梅毒感染者は11年から増加傾向となり、19年は年間6577人(暫定値)の報告があった。現在の形で統計を取り始めた1999年以降で最少だった03年の509人の約13倍まで拡大した。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1500文字)

あわせて読みたい

注目の特集