メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記念乗車券で高尾山へ 日本遺産認定で京王、18日発売 ヘッドマーク付き車両も

京王電鉄が運行する日本遺産認定を祝うヘッドマークの車両=同電鉄提供

[PR]

 八王子市の高尾山が「霊気満山 高尾山 ~人々の祈りが紡ぐ桑都物語~」として今年6月、日本遺産に認定されたのを受け、京王電鉄は18日から記念乗車券を発売する。

京王電鉄が販売する記念乗車券=同電鉄提供

 「一日乗車券」と「高尾山口発小児100円区間乗車券」の2種が1セットで、台紙には、小仏関跡や八王子城跡、戦国武将・北条氏照の墓など日本遺産を構成する高尾山周辺の文化財の案内地図を掲載した。1セット1000円(1500セット)。新宿駅や高尾山口駅など15駅で販売する。17日に新宿発「Mt.TAKAO号」と高尾山口発「京王ライナー」の車内で先行販売する。乗車券の有効期間は17日から2021年1月31日。

 今月1日から「祝日本遺産認定」のヘッドマークをつけた車両を12月21日まで運行する。問い合わせは京王お客様センター(042・357・6161)。【野倉恵】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです