コロナ禍の山形ビエンナーレ 人の「絆」紡ぐ芸術祭 商店街舞台に、新たな形へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
すずらん通りのビル2階の特設スタジオからプログラムを発信した=山形市で2020年9月22日午後6時40分、日高七海撮影
すずらん通りのビル2階の特設スタジオからプログラムを発信した=山形市で2020年9月22日午後6時40分、日高七海撮影

 新型コロナウイルスの影響で、初のオンライン中心の開催となった「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2020」(東北芸術工科大主催)は、芸術祭を通して、人と人の「絆」を表現する新たなスタイルに挑戦した。地域を「主人公」とし、キュレーターを務めた同大の青山ひろゆき准教授は「アートへの垣根が低くなり、人とのつながりが生まれた」と手応えを口にした。【日高七海】

 イベントの舞台に選んだのは、JR山形駅近くの「大手門通りすずらん商店街」。人の息づく環境は、プログラム「まちとひと」に最適だった。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文704文字)

あわせて読みたい

ニュース特集