メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉連続殺人の高田和三郎死刑囚、肺炎で死亡 88歳

法務省=本橋和夫撮影

[PR]

 法務省は17日、埼玉県熊谷市で1972年から74年にかけて3人を殺害するなどしたとして、強盗殺人などの罪で死刑が確定した高田和三郎死刑囚(88)が、肺炎のため東京拘置所で死亡したと発表した。

 法務省によると、高田死刑囚は肺炎を患い、18年6月から拘置所内の病棟で治療を受けていた。16日朝に容体が悪化し、17日午前0時45分、死亡が確認された。

 確定判決などによると、高田死刑囚は72年2月、金銭トラブルから、ギャンブル仲間だった不動産業者と共謀して知人男性を殺害。事件の発覚を恐れ、73年7月には不動産業者も殺害した。さらに74年2月、別の知人男性を殺害して預金通帳を奪い、現金を引き出した。

 最高裁は99年2月、「人命軽視も甚だしい」などとして1、2審の死刑判決を支持し、高田死刑囚の上告を棄却。関係者によると、高田死刑囚は再審請求したが、19年に棄却された。

 法務省によると、17日時点の確定死刑囚は、再審開始決定を受けて釈放中の袴田巌元被告(即時抗告審で取り消し、特別抗告中)を含めて計111人になった。【村上尊一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです