「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自宅近くの公園で子供たちと一緒に遊ぶ槇仁彦さん=神奈川県鎌倉市で2020年9月30日午後1時15分、生野由佳撮影
自宅近くの公園で子供たちと一緒に遊ぶ槇仁彦さん=神奈川県鎌倉市で2020年9月30日午後1時15分、生野由佳撮影

 海水浴場でライフガードを長年務めてきた30歳の男性が、悪性度の高い脳腫瘍「グリオーマ」と診断された。平均余命は2年と知り、ネット上にエンディングノートをつづり始めた。11月には自分のエンディングパーティー(生前葬)を計画している。それは、生きることを諦めたからではない。幼い子供たちへ、妻へ、友人たちへ、何を伝えたいのか。そこに込めた思いを聞いた。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

 神奈川県鎌倉市の保険外交員、槇仁彦(まき・まさひこ)さん(30)。材木座海岸のそばで妻優さん(30)と長女杏ちゃん(4)、長男然(ぜん)ちゃん(2)の4人で暮らす。夏の海水浴場で監視や救助活動をする「鎌倉ライフガード」の代表でもある。

 9月末、槇さんを訪ねると、自宅近くの公園で子供たちと遊んでいた。一緒にかけっこをしたり、「がんばれ、がんばれ」とかけ声をかけたり、笑い声が絶えない。真っ黒に日焼けして健康そのものに見える。ただ、髪は頭のてっぺんだけにちょんまげのように立っている。後述するが、それは闘病の証しだ。

3年前に脳腫瘍が判明

 最初の異変は2017年6月8日だった。車を運転中にてんかんの発作に襲われて交通事故を起こした。てんかん…

この記事は有料記事です。

残り2816文字(全文3330文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集