メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウポポイ開業3カ月 12万人来場は低調? 健闘? コロナ制限10月で緩和

開業3カ月を迎えたウポポイ。体験プログラムはまだ制限されているものが多い=北海道白老町で2020年10月15日午前11時9分、平山公崇撮影

 北海道白老町のアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」は7月12日の開業から3カ月を過ぎた。入場者の累計は約12万人で、目標とする年間100万人のペースには遠く及ばないが、新型コロナウイルス禍が続く中、運営するアイヌ民族文化財団は「評価できる」と前向きに受け止める。入場制限が緩和された10月以降の集客が、人気定着の試金石になりそうだ。

 ウポポイは新型コロナに翻弄(ほんろう)されてきた。4月24日に予定されていた開業は2度延期され、オープン後も入場を平日約2000人、土日約2500人に制限して事前予約制に。さらに施設内の国立アイヌ民族博物館の入場には別の予約が必要なため、混乱も生じている。

 財団によると、7月12日~10月12日の入場者数は延べ12万414人。1日平均では月を重ねるごとに増えており、10月も前月を上回るペースだ。特に平日は、7月に1日平均996人だったのが10月は1535人。これは修学…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです