メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さいたま市で23年世界フィギュア開催 日本では4年ぶり8度目

[PR]

 国際スケート連盟(ISU)は16日、フィギュアの2023年世界選手権をさいたま市で開催することが暫定的に決まったと発表した。日本スケート連盟は同年3月に、さいたまスーパーアリーナで開催する計画で立候補し、ミンスク、ブダペストと争っていた。日本開催は19年大会以来4年ぶり8度目となる。

 欧州を除く国・地域で争う21年の四大陸選手権は新型コロナウイルスの影響で2月に予定していたフィギュア(シドニー)をはじめ、1月に組まれていたスピードスケート(カルガリー)とショートトラック(ソルトレークシティー)の中止が決まった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

  5. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです