メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

箱根駅伝予選会 順天堂、中央など出場権獲得 筑波、中央学院などは届かず

箱根駅伝出場を目指し、予選会で走る各校の選手たち=東京都立川市で2020年10月17日午前9時35分(代表撮影)

[PR]

 第97回東京箱根間往復大学駅伝(来年1月2、3日)の予選会が17日、東京都の陸上自衛隊立川駐屯地内を周回するハーフマラソンのコースに関東の46校が参加して行われ、1位の順大など上位10校が本戦の出場権を獲得した。順大は10年連続62回目、2位の中大は4年連続で最多94回目、6位の日体大は73年連続73回目の出場となる。前回大会で26年ぶりの出場を果たした筑波大は、10位の専大と18秒差の11位で落選。12位の中央学院大は連続出場が18で途切れた。

 上位10校は、①順大=10時間23分34秒②中大=10時間26分13秒③城西大=10時間29分37秒④神奈川大=10時間29分59秒⑤国士舘大=10時間30分38秒⑥日体大=10時間30分49秒⑦山梨学院大=10時間30分50秒⑧法大=10時間33分31秒⑨拓大=10時間33分46秒⑩専大=10時間33分59秒。

 予選会は各校上位10人の合計タイムで争われた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、例年はフィニッシュ地点となる国営昭和記念公園に入らず、駐屯地内のみのコースで無観客により開催された。

 本大会には、前回総合優勝した青学大を含む10位までのシード校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが出場する。【小林悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです