メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無名からドラ1へ 「糸井2世」近大・佐藤輝明

【近大-関学大】四回表近大無死、佐藤輝明が中前打を放つ=大津市の皇子山球場で2020年9月12日、北村隆夫撮影

 26日のプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議で、1位指名が確実視されるアマチュアナンバーワンのスラッガーがいる。近畿大4年の佐藤輝明三塁手(21)。187センチ、94キロの体格が生み出す規格外のパワーが売りで、無名だった高校時代から才能開花した左打者だ。オリックスが1位指名を表明し、他球団も指名を検討している。

 10月12日、ほっともっとフィールド神戸であった関西学生秋季リーグの立命館大戦。三回無死一塁、3番の佐藤は甘く入った直球を軽々と右翼席に運んだ。「走者を還そう」と狙い澄ました一発。リーグ通算13号で、二岡智宏さん(巨人3軍監督)が近大時代の1995年春~98年秋に残したリーグ最多本塁打記録に並んだ。今春のリーグ戦が新型コロナウイルスの影響で中止となり、出場試合が少ないことを考えると価値ある数字だ。

 兵庫県西宮市出身の佐藤は、近大1年春から中軸を務め、2年時は大学日本代表に選ばれた。50メートル6秒0の俊足に加えて強肩。近大出身で阪神で活躍する糸井嘉男外野手に続く大器として「糸井2世」との呼び…

この記事は有料記事です。

残り1375文字(全文1832文字)

石川裕士

1986年、千葉県生まれ。2012年入社。広島支局、和歌山支局を経て、18年4月から大阪本社運動部でアマチュア野球などを担当。小中高では野球や卓球、バドミントンをプレーしていた。健康維持のため、阪神タイガースの近本光司選手がインスタグラムでレシピを紹介していたスムージーを毎朝飲んでいる。好きな言葉は謙虚、優しさ、絆。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです