連載

#最後の1年

新型コロナに揺れる学生スポーツ界。最高学年の選手は無念や戸惑いを抱きながら「最後の1年」を過ごしています。

連載一覧

#最後の1年

挑んだ消耗戦 ベールを脱いだQBボストロム 東大アメフト部

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【中大-東大】第1クオーター、突進する東大QBボストロム丞慈(左)=東京都調布市のアミノバイタルフィールドで2020年10月17日、宮武祐希撮影
【中大-東大】第1クオーター、突進する東大QBボストロム丞慈(左)=東京都調布市のアミノバイタルフィールドで2020年10月17日、宮武祐希撮影

 初の日本一を目標に掲げる東大アメリカンフットボール部が今季開幕戦を白星で滑り出した。17日、関東大学1部上位リーグ「TOP8」の中大戦に挑み、10―7で競り勝った。勝利に導いたのは、新型コロナウイルスの感染拡大で活動自粛中も鍛錬を続けてきたQBボストロム丞慈(じょうじ、22歳)=法学部4年=だった。

 12月並みの冷え込みとなり、会場のアミノバイタルフィールド(東京都調布市)の気温は13・5度。冷たい雨風が顔にまとわりつき、指先はかじかんだ。新…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1234文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集