メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/311 ブラジル アマゾンで森林火災

破壊が進むアマゾンの熱帯雨林=2019年9月、ブラジル北部パラ州で山本太一撮影

[PR]

 みなみアメリカのくに、ブラジルで森林しんりん火災かさい相次あいつぎ、自然破壊しぜんはかいねんねん、ひどくなっています=写真しゃしん火災かさい世界せかいもっとおおきい熱帯ねったい雨林うりんひろがる北部ほくぶアマゾンや、世界最大せかいさいだいきゅう湿原しつげんである中西部ちゅうせいぶパンタナルできています。

 熱帯ねったい雨林うりん湿原しつげん二酸化炭素にさんかたんそ(CO2)をおお吸収きゅうしゅうし、地球温暖化ちきゅうおんだんかめる役割やくわりたしているとかんがえられています。また、野生やせい動物どうぶつ大切たいせつなすみかです。でも、火災かさいでこうした貴重きちょう生態せいたいけいうしなわれており、もともどるにはなが時間じかんがかかります。

 火災かさいは2019ねんにボルソナロ大統領だいとうりょう就任しゅうにんしてからえています。20ねんは、19ねん上回うわまわるペースで発生はっせいしています。おも出火原因しゅっかげんいんは、牧畜ぼくちく農業のうぎょうをするため、人間にんげんけるはただとわれています。

 政府せいふ農業のうぎょう開発かいはつなど経済けいざい優先ゆうせんし、環境かんきょう対策たいさくかろんじています。こうした政府せいふ姿勢しせい火災かさい多発たはつまねいていると、メディアや環境保護団体かんきょうほごだんたいから批判ひはんされています。それでも、ボルソナロさんは火災かさいはメディアがつくした「うそ」だと主張しゅちょうし、自然破壊しぜんはかい深刻しんこくさを直視ちょくししない態度たいどをとっています。【ブラジル北部ほくぶパラしゅう山本太一やまもとたいち写真しゃしんも】


国名こくめい ブラジル連邦共和国れんぽうきょうわこく

首都しゅと ブラジリア

面積めんせき 851まん5767平方へいほうキロメートル

人口じんこう 2おく1105まんにん(2019ねん推定すいてい

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  3. 石破氏が派閥会長辞任の意向 22日にも表明 総裁選敗北の責任取り

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです