メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

1949年創業老舗「泰興楼」の姉妹店。手作りジャンボ餃子は半世紀以上愛されてきた味♪

情報提供:おとなの週末

ここでは何をさておいてもまずコレ、見事な焼き色、ボリュミーな姿にそそられる通称“ジャンボ餃子”だ。本店は1949年創業の老舗だが、そこで当時から変わらない手作りで半世紀以上愛されてきた味。

フェイ・リトル・タイコウロウ(最寄駅:八重洲駅)

迫力満点の老舗の味ジャンボ餃子をワイワイ楽しむべし

箸を伸ばせば、皮はもっちもち。中に包まれた餡はじっくり練り込まれ、肉々しく、ジューシーな旨みが口いっぱいに広がる。これをガブリとやりながらビールや紹興酒というのがたまらないわけだ。この餃子をはじめとした老舗中華の味を、こちらではオープンなカフェスタイルともいうべき空間で、テーブルを囲みながらワイワイいただけるのがいい。ふかふかで餡もたっぷりな水餃子もよし、前菜から野菜、肉、海鮮の一品料理、人気の担々麺までメニューには用途に応じて選べる多彩なラインナップがぎっしり。楽しめること間違いなしだ。

ジャンボサイズ焼餃子(6個)、水餃子(10個)

1231円、1728円 a4b35c69338ef4cffd65ac5e5c4f2aee ジャンボ餃子のサイズはほぼ12㎝。しっかり旨みを感じさせるがくどくはないので次々いける。さっぱりもちもちの水餃子もよし

辣子鶏(鶏から揚げの唐辛子炒め)

1230円 dcba30b725e92032870045a8c236599c シェフ特製のおすすめメニューのひとつ。ジューシーでピリ辛な鶏唐揚げにビールも進む

前菜盛り合わせ

1825円 c2508d3436499907651a2110d005a68a 定番の前菜盛り合わせ(人気!)は、上から棒棒鶏、くらげ、焼豚

お店からの一言

115519de6c99fee7ac7dcd7abf206b10 店長 松島光雄さん 「餃子はもちろんいろんなオススメをお楽しみください」

フェイ・リトル・タイコウロウの店舗情報

bd2585e7feefa8ac84dd821dbdaa365d [住所]東京都中央区八重洲1-4-16 八重仲ダイニング地下1階 [TEL]03-6265-1837 [営業時間]11時~14時半、17時半~22時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]全50席/夜のみ喫煙可/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩3分

電話番号 03-6265-1837
撮影/貝塚 隆 文/池田一郎 2018年10月号発売時点の情報です。

関連記事

【閉店】徳記|八角が香るタレに麺をつけるとこれまたハマる味(中華料理/横浜)

龍公亭(カレー/神楽坂)|シーフードも入った驚きのルックスでリッチ!

珉珉(カレー/青山)|このとろみ、やさしいスパイシーさが堪りません!

北京(中華/新宿歌舞伎町)-牛肉入りラーメンに麺類のルーツを見る

川香苑 2号店(中華/新宿歌舞伎町)-本場四川の回鍋肉は必食の旨さ


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです