連載

日本文化をハザマで考える

日本文学研究家のダミアン・フラナガンさんが、日英の「ハザマ」で日本文化について考えます。

連載一覧

日本文化をハザマで考える

第28回 東京大学はその文学における伝統にもっと誇りを持つべきだ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京帝国大学時代の(左から)久米正雄、松岡譲、芥川龍之介、成瀬誠一
東京帝国大学時代の(左から)久米正雄、松岡譲、芥川龍之介、成瀬誠一

 東京の雑司ケ谷霊園には、ジョン・ローレンス博士の墓がある。世話をするのは東京大学だ。彼は1906年から1916年に亡くなるまで、この大学で英文学を教えていた。

 今日ではあまり知られていないかもしれないが、博士は日本文学史において、興味深い役割を担った人なのである。

 夏目漱石(1867~1916年)は1903年初頭、あの有名なラフカディオ・ハーン(1850~1904年)の後を継いで、東京大学で英文学を教えることになった。

 漱石は外国人教師、アーサー・ロイド、そして早熟の文学者であり詩人の上田敏とともに東京大学で教えていた。上田敏は八雲の愛弟子で、八雲が辞めさせられたことへの怒りを鎮めるために雇われた。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1230文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集