メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第28回 東京大学はその文学における伝統にもっと誇りを持つべきだ

東京帝国大学時代の(左から)久米正雄、松岡譲、芥川龍之介、成瀬誠一

 東京の雑司ケ谷霊園には、ジョン・ローレンス博士の墓がある。世話をするのは東京大学だ。彼は1906年から1916年に亡くなるまで、この大学で英文学を教えていた。

 今日ではあまり知られていないかもしれないが、博士は日本文学史において、興味深い役割を担った人なのである。

 夏目漱石(1867~1916年)は1903年初頭、あの有名なラフカディオ・ハーン(1850~1904年)の後を継いで、東京大学で英文学を教えることになった。

 漱石は外国人教師、アーサー・ロイド、そして早熟の文学者であり詩人の上田敏とともに東京大学で教えていた。上田敏は八雲の愛弟子で、八雲が辞めさせられたことへの怒りを鎮めるために雇われた。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1230文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中古車販売好調 地方移住も追い風 「密」避けた交通手段 長野

  2. ジスカールデスタン元仏大統領死去 94歳 新型コロナで サミット発足に注力

  3. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  4. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです