メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 きょう号砲 男子10、女子5チーム /青森

[PR]

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会県予選(県高体連、毎日新聞社など主催)が18日、東通村の東通中陸上競技場を発着点に開催される。オープン参加を含め、男子は9校10チーム、女子は4校5チームがエントリーし、京都・都大路で開かれる全国大会を目指して熱いレースを繰り広げる。

 男子は優勝回数25回の青森山田と2015年に初優勝した八戸学院光星を中心としたレースが予想される。また、女子は優勝候補の青森山田の27連覇に注目が集まる。

 男女とも優勝校は京都市で12月20日に開催される全国大会に出場する。上位4チームは11月に岩手県で開催される東北高校駅伝競走大会の出場権を得る。

 スタートは、男子は午前10時半、女子は午前10時35分。それぞれ7区間42・195キロと5区間21・0195キロのコースで競う。【南迫弘理】


出場チーム

 <男子>

青森山田

八戸学院光星

田名部

弘前実

八戸西

青森

五所川原工

青森工

八戸工

※八戸学院光星B

 <女子>

青森山田

弘前実

青森

青森北

※青森山田B

 (※はオープン参加)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです