メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
全国高校駅伝

県予選 きょう号砲 男子10、女子5チーム /青森

[PR]

 男子第71回・女子第32回全国高校駅伝競走大会県予選(県高体連、毎日新聞社など主催)が18日、東通村の東通中陸上競技場を発着点に開催される。オープン参加を含め、男子は9校10チーム、女子は4校5チームがエントリーし、京都・都大路で開かれる全国大会を目指して熱いレースを繰り広げる。

 男子は優勝回数25回の青森山田と2015年に初優勝した八戸学院光星を中心としたレースが予想される。また、女子は優勝候補の青森山田の27連覇に注目が集まる。

 男女とも優勝校は京都市で12月20日に開催される全国大会に出場する。上位4チームは11月に岩手県で開催される東北高校駅伝競走大会の出場権を得る。

 スタートは、男子は午前10時半、女子は午前10時35分。それぞれ7区間42・195キロと5区間21・0195キロのコースで競う。【南迫弘理】


出場チーム

 <男子>

青森山田

八戸学院光星

田名部

弘前実

八戸西

青森

五所川原工

青森工

八戸工

※八戸学院光星B

 <女子>

青森山田

弘前実

青森

青森北

※青森山田B

 (※はオープン参加)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです