メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 仙台育英、男女でV 監督の話 /宮城

[PR]

独走でも力出し切れた 仙台育英(男子)・真名子圭監督

 1区の吉居が勝ち切って流れを作り、いいレースができた。京都を見据え先行逃げ切りし、独走でも自分の力を出し切れていた。全国優勝した昨年より層は厚く、タイムも伸びる。

7分台クリアし上出来 仙台育英(女子)・釜石慶太監督

 7分台は出そうと話していたので上出来。去年のコースだったら20~30秒は縮まったと思う。万全な状態で選手を京都の舞台に立たせてあげられれば、面白いレースができる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです