メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二人六脚

保護犬イブと暮らして/5 熱中症 食欲なく、ぐったりと 秋に入り顔つき穏やかに /栃木

引き取った当初より穏やかな顔つきになってきたイブ=福島県会津若松市で2018年8月2日、湯浅聖一撮影

 福島県会津若松市は会津盆地の南東に位置し、夏は暑く冬は寒い。イブが同市で生活を始めて1年目の2018年の夏は、全国的にも記録的な猛暑になった。会津若松でも7月の1カ月間に35度を上回る「猛暑日」が、観測史上最多の15日を記録した。この暑さは人間だけでなく犬にも過酷すぎた。

 イブの体調に変化が表れたのは7月中旬だった。朝の散歩から帰ると嘔吐(おうと)と下痢をした。約1カ月前にも同じ症状があったが、その時は食欲も元気もあり、翌日には回復していた。しかし、今回は餌をほとんど食べずぐったりしている。慌てて近くの動物病院に駆け込んだ。

 嫌がるイブを診察台に乗せた。獣医師が体温測定や触診などをしている間、私はイブを動かないよう抱き締め、なだめていた。体重もいつもより2キロほど減っていた。しばらくすると熱中症と診断された。栄養剤を注射し、下痢止め剤などの薬を処方してもらった。獣医師からは「散歩は気温が下がる午後8時以降に短時間で。室温は25度以下に」と指導された。

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです