メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもは必ず傷ついている 犯罪被害者、次兄が講演 千代田で支援フォーラム /東京

 事件事故の被害者らの支援に携わる関係者が集う「全国犯罪被害者支援フォーラム」が16日、千代田区のイイノホールであった。警察庁や全国被害者支援ネットワークなどの主催。25回目の今年は、被害に関係した少年に対する支援がテーマで、2004年に長崎県佐世保市で起きた小学6年同級生殺害事件の被害女児の次兄が講演した。

 次兄は、武庫川女子大の大岡由佳准教授のインタビューに答える形で語った。中学3年生の当時、事件の一報を校内の相談室で7、8人の教諭らがいる前で告げられた。その場面が「いまでも夢に見るぐらいつらい」と語り、親と合流後に聞けるように学校と警察の連携が必要だと指摘した。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  4. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです