メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「宇宙大豆」の収穫最盛期 「甘くておいしい」と評判 相模原の栽培農家 /神奈川

収穫した「宇宙大豆」の枝豆を抱える石井好一さん

 宇宙空間を旅した大豆をもとに育てた枝豆が、相模原市緑区で収穫の最盛期を迎えている。地元の「津久井在来」という品種で、一時は栽培面積が減り絶滅の危機にあったが、県などがブランド認定するなどし、農家をバックアップ。「甘くておいしい」と評判を呼んでいる。

 農業、石井好一さん(72)=同区根小屋=は養鶏場を営む傍ら、約20年前から津久井在来の栽培に…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  4. 近大生一気飲み死亡、学生など9人を略式起訴へ 刑事責任問うのは異例

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです