特集

高校野球・秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

秋季北信越地区高校野球大会 敦賀気比、延長逆転勝ち きょう上田西と決勝 /福井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【関根学園-敦賀気比】延長十回裏敦賀気比2死一、三塁、東の適時打でサヨナラ勝ちし決勝進出を喜ぶ選手ら=富山市の富山市民球場で、大原翔撮影 拡大
【関根学園-敦賀気比】延長十回裏敦賀気比2死一、三塁、東の適時打でサヨナラ勝ちし決勝進出を喜ぶ選手ら=富山市の富山市民球場で、大原翔撮影

 第143回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は17日、富山市の市民球場で準決勝2試合が行われた。終盤に粘りを見せた敦賀気比(福井1位)は関根学園(新潟3位)に延長十回サヨナラ勝ちした。上田西(長野2位)は飛鳥井洸選手(2年)の2打席連続本塁打などで星稜(石川1位)との接戦を制した。上田西と敦賀気比は18日に同球場で行われる決勝で対戦する。今大会の成績は来春に開催予定のセンバツ出場校選定の重要な参考資料となる。【山口敬人】

 ▽準決勝

関根学園

  0030001000=4

  2000001011=5

敦賀気比

 (延長十回)

 敦賀気比は九回に大島の適時打で追い付き、延長十回2死一、三塁から東がサヨナラ打を放った。先発が肩の違和感でわずか1人で降板したが、継投でかわした。関根学園は竹之内のソロなどでリードしたが、力尽きた。

 ■熱球

バットで親へ恩返し 大島正樹主将(2年)

敦賀気比の大島正樹主将=富山市の富山市民球場で、大原翔撮影 拡大
敦賀気比の大島正樹主将=富山市の富山市民球場で、大原翔撮影

 「全員の思いを背負って点を取る」。土俵際まで追い込まれた九回裏二死一、二塁の場面で、一二塁間に適時打を放ち同点に。試合の流れをたぐり寄せ、延長十回の劇的勝利をお膳立てした。

 試合開始早々の一回表、肩の違和感を訴えた主戦の竹松明良投手(2年)に代わり急きょ登板したが、3失点で逆転を許した三回を最後に上加世田頼希投手(1年)と交代。「チームに迷惑をかけた」との思いだっただけに、逆転勝利への意気込みは人一倍だった。

 準々決勝・新潟明訓戦に続く延長戦での勝利に、「なかなか打てない展開でも1戦1戦勝利でき、試合を重ねるごとに粘り強くなっている」と自信を深める。

 原動力となるのは両親への思いだ。帽子のつばには「結果で恩返し」の文字。「いつも支えてくれる父と母への感謝を込めた。主将としてチームを甲子園に導き、恩返しがしたい」。目標の北信越制覇を懸け、大一番に臨む。【大原翔】

あわせて読みたい