メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「子育てするなら岐阜」 FMラジオで市がPRコーナー 県内外から移住、定住促す /岐阜

岐阜市のPRコーナーが放送されるZIP-FMの番組「JOYFUL」に出演する歌手のSEAMOさん(右)とナビゲーターの堀江美穂さん=ZIP-FM提供

 岐阜市は10月、FMラジオ局「ZIP―FM」(ジップ・エフエム、77・8メガヘルツ)で市の魅力をPRするレギュラーコーナーをスタートした。人口の減少傾向にある中、県内外からの移住や定住を促す狙いがある。市広報広聴課は「子育てするなら岐阜市がいいなと、思ってもらえる情報を発信したい」としている。

 同局は東海エリアで聴取率1位(ビデオリサーチ調べ)のFM放送局。一部地域を除き、岐阜、愛知、三重の東海3県と滋賀県東部、静岡県西部で聴くことができる。

 「ムービング・ギフシティ」と名付けた市のPRコーナーは、同局の人気番組「JOYFUL」(金曜午後1~4時)内の午後3時25分ごろから約5分間流れる。2021年3月末まで放送予定。市はこの放送にかかる経費として264万円を今年度予算に計上している。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです