メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

情熱の一皿で感性刺激 フランス料理店「プテートル」オーナーシェフ 服部俊太朗さん(38) /三重

フランス料理店「プテートル」の店主、服部俊太朗さん=津市栄町1で2020年9月30日、谷口豪撮影

 県庁からほど近い、閑静な住宅街の一角に、ひっそりとたたずんでいるフランス料理店「プテートル」。ランチは700円からで、「気軽にフレンチが楽しめる」と若い女性を中心に人気を集め、16日に開店から1年を迎えた。店主の服部俊太朗さん(38)は「おいしいだけでなく、『ここにしかない』と感じてもらいたい」と力を込める。「人の感性を刺激したい」との思いで、今日も厨房(ちゅうぼう)に立つ。【谷口豪】

 白を基調とした店内は、オレンジ色の照明が温かい雰囲気を醸し出す。ランチタイムは、地元三重の魚や野菜を使った日替わりのメインのほか、サンドイッチやデリなど豊富なメニューをそろえる。手間はかかるが、毎日自慢の料理をショーケースに並べることにこだわる。訪れた人はいつも楽しそうに目移りする。「お昼ご飯の時間だけでも、仕事や家事のことを少しでも忘れて楽しんでほしい」と、少しでも息抜きできるように工夫を凝ら…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです