メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

近代化遺産、素材生かし再生 田尻歴史館、修理工事見学会 /大阪

屋根が解体された洋館を囲む足場から保存修理工事現場を見学する人たち=大阪府田尻町で2、大西達也撮影

 大正時代に建てられ、国の近代化産業遺産に選定されている田尻町吉見の「田尻歴史館」で、耐震補強や文化財保存を目的にした修理工事が進んでいる。10月3、4日の2日間、工事現場が公開され、普段は見られない建物の構造などを見てもらおうと、見学会が開かれた。

 歴史館の建物はレンガ造りの洋館(2階建て)と和館(同)が棟続きになった設計。町出身で、大阪合同紡績の社長を務めた谷口房蔵が1923年、工場に隣接した別邸として建てた。町が文化振興の拠点として93年に購入し、一般公開している。建物の老朽化のため、昨年6月に修理工事に着手。完了は2022年6月末を予定している。

 敷地内には土蔵造りの納屋が3棟あり、茶室もある。洋館の階段踊り場、風呂場の窓、食器棚などにはステンドグラスが多用されているのが特徴。日本最古のステンドグラス工房の一つとして知られる玲光社を設立した木内真太郎が製作したとされる。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです