メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新山口駅に「どこでもドア」 JR西、キャンペーン企画 /山口

「どこでもドア」パネルの前で記念撮影をする旅行客=山口市のJR新山口駅で2020年10月17日午後1時20分ごろ、降旗英峰撮影

 JR西日本が新幹線や特急を含めて乗り放題になる「どこでもドアきっぷ」を売り出したことを記念し、山口市の新山口駅で17日、人気アニメ「ドラえもん」のひみつ道具「どこでもドア」をイメージしたフォトパネル(高さ約2メートル)が設置された。ドア中央部に市のシンボル、瑠璃光寺五重塔(国宝)の写真をデザインしている。

 1日から開始した同社の「どこでもドアで、どこいこう。」キャンペーンの企画の一つだ。新幹線や特急を含め、JR西日本全線2日間乗り放題で土日祝日1万2000円などの「どこでもドアきっぷ」を12月まで売り出しており、新型コロナウイルスの影響によって落ち込んだ利用客の回復を狙う。「どこでもドア」も広島、岡山、博多など16駅に置き、それぞれ地元の名所をデザインして誘客を図る。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです